海外初散髪(旅行記13話)

 

そういや、かれこれ3週間以上日本語を話していない。
独り言ならたまに発したが。

このまま日本語を喋らない生活を続けたら、ミスターポポみたいな喋り方になってしまわないか心配である。

5c6e10ad

 

というより英語もほとんど聞かないな。


旅をしていて思うのが、果たして旅に英語は必要なのだろうか?ということだ。まぁ喋れるに越したことはないだろうが、観光地ではない地方の場所に訪れている時は使う機会が無い。
耳にするのは現地の言葉のみである。

 

現地の人は、こちらが現地語を喋れないに関わらず、めちゃフランクに話し掛けてくる。何を言っているかはさっぱりであるが。

買い物をする時も指差し注文でOKである。

数字くらい英語で言えれば充分なのではなかろうか。
そんなことを考えながらテクテク道を歩いていた時のことだ。

 

「おーい、そこの兄ちゃん!こっちに来ないか?」

という英語が聞こえた。

 

声のする方を向くと、現地の人と白人の男性が一緒に酒を飲んでいた。

 

13_1

 

 

「君は日本人か?」

白人の男性が尋ねてきた。

 

「はい、日本人です」

 

彼は伸ばしたモジャモジャの顎髭がよく似合っているアメリカ人のおじさんだった。

まぁ飲め飲めとペットボトルに入った白濁の酒を勧めてくる。

 

「これはヤシの実から作ったカンボジアの酒さ。アルコールもそんなに強くないし飲みやすいぞ」

 

おじさんは周りのカンボジアの人達ともクメール語で話をしていた。

 

「クメール語話せるんですか?」

 

「あぁ、日常会話ぐらいだかね。君はどのくらいこの町にいるんだ?」

 

「今日で3日目ですね」

 

「カンボジアにはどのくらい居る予定だ?」

 

「1ヶ月です」

 

「そうか、いい国だよなカンボジアは。俺はかれこれ1年3ヶ月カンボジアをバイクで旅しているんだ

 

1年3ヶ月!?
∑(・ω・*ノ)

 

これには驚きだった。

 

「あぁ、俺はカンボジアが大好きなんだ。愛してるとも言ってもいい。小さい国だが旅をしていて凄く楽しい。人も優しいしな。こうやって一緒に酒を飲めばもう友達だ」

 

1年以上カンボジアを旅しているおじさんの言葉には、この国に対する優しさと想いが感じられた。
それにアメリカ人にも関わらず、おじさんの英語は非常に聞き取りやすい。英語圏じゃない人にも分かりやすい簡単な言葉を選んで、ゆっくりと喋ってくれているのだ。

 

カッコイイぜオヤジィィィィィィィィィッ!
(≧∇≦)

 


「あ、そうそう、この酒飲むと大抵下痢するから気をつけな」

 


飲む前に言ってくれオヤジィィィィィィィィィッ!
Σ(゚д゚lll)

 

 

しばらくおじさん達と話をして、別れ際に握手をした。

 

「そういやまだ名前聞いてなかったな、君の名前は?」

 

「大悟です」

 

「ダイゴ、俺の名前はブデァバーだ。いい旅を続けろよ」

 

そう言って、ブデァバーおじさんはバイクを走らせていった。

 

 

いやー、カッコイイな。ブデァバーおじさん。

思いっきり飲酒運転だけど。

 

 

13_2
ブデァバーおじさん

 

 

 

 

 

あ、暑い……。死ぬ……。溶ける……。
バターになる……。
(;´д`)ゞ

 


そろそろ3月ということで、カンボジアに本格的な暑季がやってきたようだ。

 

この暑さはヤバい。
ヤバいとしか言いようが無いくらいヤバい。

 

同じ宿に泊まっているカンボジア人が部屋じゃなく、一番風通しのいい廊下で寝るぐらいだから相当暑いのだろう。

日本でもフローリングの床に寝そべると涼しいもんな。

 


暑季にカンボジアの農民があまり働かないのがよく分かる。
この炎天下の中、せっせと働くとすぐにバテてしまうのだ。

 

ちなみに、俺は朝起きた瞬間からバテバテである。

 

 


あー、何もしたくねー。涼しい日本に帰りてー。
(;´д`)

 


何もしなくても、体からじんわりと汗が染み出してくる。

 

ヤベーよ。俺汁が出まくりだよ。
俺汁ブシャー!

 


汗で前髪もべっとり額に張り付いている。

あー、髪の毛鬱陶しいな。

 


…………切るか。

 


最後に髪を切ったのは4ヶ月も前なので、もう頭がボサボサなのである。

髪を切れば少しは涼しくなるだろう。

 

 

いつも通っている食堂の娘に聞いてみた。

 

「髪切りたいんだけど何処で切ればいいかな?」
(・ε・)

 

「あそこで切ればいいよ。案内してあげる」

 

その子に案内されたのはカンボジアではお馴染みの市場にある床屋だった。

 

「こんにちはー、この日本人髪切ってほしいって」

 

「いらっしゃい、じゃそこに座って」

 

自分が椅子に座ると、床屋の男性はさっそく水吹きで髪を濡らして髪の毛をジャキジャキ切りはじめた。

 


おいっ、どんな感じの髪型にするかとか聞かないのかよ!
Σ(゚д゚;)

 

しかし、物凄いカットスピードだ。
明らかに何も考えず雑にカットしてるとしか思えん。

 


カットが終わるまで2分弱である。

 

「髭も剃るかい?」

 

「ん、じゃ頼みます」

 

そう言うと、男性はシャキンッと剃刀を出して、ジョリジョリ髭を剃りはじめた。

 

おいっ、クリームも何も付けずに剃るのかよ!
せめて石鹸でいいから何か付けて剃ってくれ!
(゚д゚;)

 


剃られた後は、やはりヒリヒリ痛かった。

 


そして、仕上げられた髪型を鏡で確認して唖然とした。

 

自分が欧米人だったら間違いなく「Oh〜no〜!!」と声に出しているだろう。
それぐらい酷い髪型だったのだ。なんと表現すればいいのだろうか。
日本が高度経済成長期だった頃の小学生低学年の男子の髪型とでも言えばいいのか。

いや、でも何処かで見たことあるぞこの髪型。

 

 


…………はっ!Σ(゚д゚;)
のび太君だ!前髪が短いのび太君ヘアーだ!
Σ(゚д゚;)

やったー!これでいつでもTOYOTAのCMに出演できるぞ!
妻夫木聡よ!代役は任せてくれ!
(。・`ω´・。)

 

……ってんなわけあるかっ!!
(((((( ;゚Д゚)))))
(一人ノリツッコミ)

 

 

 

床屋の男性が俺に尋ねる。

「どうだ?これでOKか?」

 

「……ノープロブレムだ」
(T^T)

 

いくら嘆いても切った髪は戻ってくることはないので、現状を受け入れるしかない。


「じゃあカット代1$だ」

 

なるほど$ならこの髪型にも納得…出来るわけねぇだろ!(号泣)

 


例え無料でも前髪が短いのび太君ヘアーにはしてほしくない。

泣く泣く代金を支払い、床屋を出た。

 


食堂に戻り、案内してくれた子に尋ねてみた。

「こんなのになったんだけど……どう?」

 

「うん………、ナイス」
( ;´・ω・`)b

 

同情するような顔付きで親指を立ててグッドサインをしてくれた。


……久しぶりに酒でも飲むか。(T^T)

 

カンボジア政府は優秀な美容師の育成を検討すべきである。

 

 

 

13_4

13_3

よく見かける孵化寸前のアヒルの卵。ちょっとグロテスクだけど凄く美味しい。

 

 

 

 

 

町を移動した。
スラアェムからバスでおよそ3時間。

スレノイという町である。今までカンボジアで訪れた町で、スラアェムが断トツに小さい町だったが、ここは更にその上をいく町だ。

スレノイ到着後、宿を探すが見つからない。
いい宿が見つからないということではなく、宿自体が見つからないのだ。

 


……まさかこの町、宿が無いのか?

 

声を掛けてきたバイクタクシーのドライバーに尋ねてみる。

「すみません、この町ゲストハウスありますか?」
(・ω・`)

 

「ヌカアセユフソゥユァコメコメ」

 

しまった、英語が通じない。

バックから地球の歩き方を取り出し、旅のクメール語ページの「客室はありますか?」部分を指差す。

 

これで通じるか……。

 

「ニャムフグヌカズィケコンニャク」

 

バイクに乗れと言っている様な気がする。
宿に連れていってくれるのか?

 

そう思い、バイクに乗った。

そして30秒もしないうちに肌色の建物の前に着いた。

バイタクドライバーがこれが宿だと指差している。

 


近っ!こんな近くにあったのかよ!
∑(・ω・*ノ)

 


しかし、これだけの距離で2000リエル取るとは悪いドライバーだなお前。


まぁ、教えてもらわないと絶対に宿とは分からなかったから良しとしよう。

 

この建物、パッと見、ちょっと大きな民家である。Hotel、もしくはGuestHouseと表記されているわけでもないので外国人には分かるはずもない。
おそらく、この町で唯一のホテルだろう。

部屋を見せてもらったが、いい宿とはとても言い難い。

埃まみれで壁には蜘蛛の巣も張っている。
当たり前だが、トイレ、シャワーは共同である。

 

 

まぁ、ここまでは全然許容範囲だ。普通によくあるレベルだ。

問題はここから先である。

 

何故かカーテンやシーツに鳥糞が付いている。

 

理由は明白だ。

この宿、天井がむき出しなのだ。

 

img_4093

 

こんなふうに木材組んでその上に瓦乗せて屋根造ってますと、御丁寧に説明されてるみたく、むき出しである。

そして、その組んである木材には可愛い小鳥達が巣を作っているので、必然と可愛い汚物が降ってくるわけだ。

 

まさにVIP待遇ならぬPOOP待遇である。

 

他に宿は無いので仕方ない。

 

泊まることにした(泣)

 

 

 

そして、荷物を置いて部屋で寝転がっていた時のことである。

 


ピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピー!!

 


小鳥達の囀りがうるさい。
(`‐ω‐´)

 

本来なら鳥の囀りを聞くと、心が安らぐものであるが、こんな頭上で囀かれたらマジでうるさい。

しかもあいつら、ぽろぽろゴミを落としてきやがる。
たまにウンコも落ちてくる。

 


ピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピーピー!!

 


しかし、常によく鳴くもんだ……。

ん?若鳥が羽をバサバサ羽ばたかせて、飛ぶ練習をしているぞ。
(・ω・)!

 

 

若鳥達は親鳥が見守る中、懸命に羽ばたいてほんの数秒間だけであるが宙を舞っている。

 

 

もうそろそろ巣立ちの季節か……。

立派に巣立っていって、部屋を糞まみれにすることも卒業してほしいわ。
(`‐ω‐´)

 

 

バサバサバサバサバサバサッ、ポトッ。
ピィッピィッピィッピィッピィッピィッ!

 

……一羽部屋に落ちてきた。

 

img_4094

 

 

しばらくして、上に飛んでいった。

もう落ちてくんなよ。

 

 

そして、夜になった。
小鳥達は眠りにつき、とても静かである。

…と思ったら、宿のすぐ隣でカラオケが始まった。

超大音量である。


うるせー。(`ω´*)


昼間、宿の横でテントを組んで、華やかな飾り付けをしてテーブルを並べていたのはこの為だったのか。

今日は何かめでたい日なのだろうか。

カラオケは深夜まで続いた。

寝不足である。


 

↓ブログランキング参加中。べっ…別にクリックしてくれても全然嬉しくないんだからね……!(照)

  にほんブログ村 旅行ブログへ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA