シーパンドンバカンス最高(旅行記10話)

 

 

 

昼前からシトシトと小雨が降り始めた。

ジメジメ暑いな。

 

雨が降ってるということもあり、宿の庭にあるハンモックでダラダラしていた。

パパイヤウィレッジの時もそうだったが、俺はどうもハンモックに弱いらしい。

宙にブランブランと寝そべるこの感覚がなんともいえないのだ。

おそらくアレだ。この感覚は母胎に優しく包まれている胎児のそれに近い。

 

そんなこともあり、ハンモックがあると1日中ダラダラしてしまう。
(*゚ρ゚) ボー

 

……いかん、またダラダラしてしまうわけにはいかない。
……まぁ別に誰に咎められるわけでもないからしてもいいんだけど。

 

このハンモックの魅力から逃れる為には宿を変えるしかないか。
というか滞在する島を変えよう。

というわけで、コン島(今いるのはコーン島、ややこしい)行きのボートチケットを宿で購入。

シーパンドンの魅力が集まる島はコン島と言われてるしな。

 

 

そして、翌日。

荷物をまとめてボート乗り場に向かう。

ボート乗り場で待つこと20分後、エンジン音を立ててボートはコン島に向けて出発。

ボートは旅行者を乗せてスイスイメコン川を進んでいく。

 


あ~、風が気持ちいい。風を超感じる。
風を感じる感覚ってなんともいえない心地良さがあるな。
(´ー`)

 

風を感じて悦になること1時間後、ボートはコン島に到着。

昨日まで居たコーン島に比べて遥かに小さい島だが、旅行者の数は多い。

メコン川を眺めながら、ゆったりと過ごせ、ちょっとしたバカンス気分が味わえるため西洋人旅行者が1年中訪れるそうだ。

 


とりあえず宿を探す。

旅行者が多いのでゲストハウスは多い。
宿探しには困らないが、やはり何処も値が張る。なかなか安い宿が見つからない。今のところ、1泊50000Kipが底値である。

最後に尋ねた宿も50000Kipと言われたので、1週間近く泊まるからディスカウントしてくれないかとお願いしたら40000Kipにしてくれた。

川沿いにある宿なので、部屋を出ると目の前にメコン川の流れる美しい景色が目の前に広がる。
しかも、その景色を眺めながらゆったり出来るように各部屋のすぐ前にハンモックがあるではないか。

どうやらまだハンモックの魅力から逃れることは出来ないようだ。

 

 

IMG_0929

IMG_0928

 

 

 

コン島にはラオスのどんな場所にもあった市場が無い。

島の人はボートを出して買い出しに行っているらしい。

しかし、市場が無いということは市場とセットになっている食堂が無い。
則ち、安く食事を済ませる所が無いというわけで、節約旅行者の自分としてはかなり困りどころである。

 

対して、旅行者向けのレストランはかなりの数である。
しかも何処のレストランもWi-Fiフリーだ。

これにはたまげた。

ノートパソコンやスマホを常備している旅行者が集まるわけである。

だがノートパソコンやスマホを持たない自分に必要なのはWi-Fiでは無い。
今の俺に必要なのはローカル食堂である。

一応、レストランのメニューを見ておいたが旅行者向けあって高い。
宿泊費と変わらん。
まぁ、こういう所で稼ぐしか無いのだろう。

 

そんなわけで、島を歩き回って少しでも安く食事が出来る店を探してみることにした。
宿からしばらく歩くと、ポツンと食堂っぽいものがあった。

 

 

img_2209

 

 

テーブルの上に調味料一式が置いてあるところを見ると食堂だな。
いかにも、物好きな外国人以外は全く使わないような雰囲気を漂わせている。

店の奥の方で、この食堂の家族の方々が寝そべりながらテレビ視聴していた。

 

「すいませーん」(・ω・`)

声をかける。

 

「オオ、スヌマリハーンイァンホンペッパー!」

 

寝そべっていたおじさんが起き上がり声をかけてきた。

 

「ナクニャツアックンハコチビデブハゲンパニャ」

 

さっぱり分かんねー。
( ´д`)?

 

とりあえずここで飯食えますか?とジェスチャーで示す。

 

「OKOK!」(≧∇≦)b

 

どうやら通じたようだ。


「カオピャクセンとカオニャオください」

 

簡単な英語が全く通じない店でも飯にありつけるように、食べ物に関わるラオ語は事前に少し覚えておいた。

外国人がラオ語で注文したことにおじさんはびっくりしたらしい。

 

「おぉ!ラオ語だ!君ラオ語が話せるのか!?」
(と話していると思う)

 

「ボーダイ、コイボーカオチャイバーサラオ
(いいえ、俺はラオ語は分かりません)」

 

「めっちゃ話しているじゃないか!ハッハー!」
(≧∇≦)b

 

テンション高いおじさんだな。

 

「そうだ、ラオラオ飲むか?」

 

そう言っておじさんはガソリンタンクからラオラオを注ぎはじめた。

ガソリンタンクに酒入れてる人初めて見た。
もしかしたら本物のガソリンって可能性もなくはないが。

 

コップに注がれたラオラオを一気に飲み干す。

 

「いい飲みっぷりだ!兄ちゃん!ところで、君は何人だ?」

 

「日本人です」

 

「そうか日本人か!俺の息子はタイのバンコクで働いているんだ!」

 

色々とおじさんの話を聞いている間に、おじさんの奥さんが料理を作って持ってきてくれた。

どどーんと大盛りである。

 

おぉ、やっぱりレストランより食堂だよな。

 

「そういえば君の名前は何て言うんだ?」

 

おじさんが尋ねる。

 

「大悟です」

 

「大悟!俺の名前はストローだ!」

 

ストローおじさんね。

 

 

IMG_2210
ストローおじさん

 

 

「俺はタオだ!」

 

ん?横からいきなり知らないじいさんが登場してきた。
Σ(・д・)

 

「大悟、この人は俺の親父だ」

とストローおじさんは言った。

 

「大悟、ビアラオも飲むか?」

ストローおじさんは冷蔵庫からビアラオを取り出す。

 

「そうだ!俺の友達も呼ぼう!」

そう言って、ストローおじさんは友達に電話をかける。

 

「ハロー!サバイディー!今ウチに日本人が来ているんだ!一緒に酒飲もうぜ!」

 

5分もしないうちに、ストローおじさんの友達が3人駆け付けた。

 

皆で酒を飲み、食堂に置いてあるステレオで音楽をかける。
しかも、めちゃ大音量だ。
音楽に合わせて、おじさん達はラオ踊りを踊り始めた。

 

おじさん達かなり酔っ払ってんな……。

 

「大悟、君も踊れ!
ヽ(●´∀`●)ノ

 

……えー。なんか恥ずかしい。
( ̄ω ̄;)

 

乗り気はしなかったが、タダ酒を頂いて踊らないわけにはいくまい。

とりあえず、おじさん達に合わせて踊り始める。

 

しかし酔っ払い集団と一緒に踊るのは疲れるな。

 

そう思った時、

「いい加減にしなさい!何時だと思ってるの!」

奥さんがストローおじさんを叱り飛ばした。

まだ10時前だが、現地の人は床につく時間である。

 

「まぁまぁ、いいじゃないか。少しくらい」

 

「もう寝る時間よ!音楽止めなさい!」

 


シュン(=ω=。)となるストローおじさん。

 

踊りはお開きである。

 

「えー、ストローおじさん、俺もそろそろ宿に戻るわ」

 

そう言って、自分は食堂を後にした。

 

 

しかしアレだな。
何処の国でもカカァ天下の家庭はあるものなんだな。

 

 

 

img_0981

10_5
ソンパミットの滝。岩がゴツゴツしてるので飛び込んで泳ぐのは大変危険である

 

 

10_6
石運びの少年

 

10_7
島の子と記念撮影

 

 

 

シーパンドンに滞在していて気付いたことがある。

白人の方々には陽光欲というものが存在するのではないか と疑ってしまう程、白人男性旅行者の9割は島では常に上裸である。
上半身だけ水着の女性も時折見かける。

歩いている時も、自転車に乗っている時も、ハンモックで寝ている時も、ボートに乗っている時も、食事をしている時も、常に上裸である。

何故上裸なのかというと、日焼けしたいからに決まっているのだと思うが、 この強烈な陽射しの下では日焼け通り越して火傷するのではないか?

それとも火傷する程、太陽光を身体が求めているのか。

 

「実は僕たち葉緑素を持っていて、光合成をしているのさ。ハッハッハ」

 

とでも言われたら納得してしまいそうだ。


そんなことを思いながら、コン島に滞在して1週間が経過していた。

 

 

この1週間の間に、色々なことがあった。
……と言いたいところだが、日記に書くことほとんど無い。

 

精霊が住むと言われているソンパミットの滝を見に行ったのと、子供と一緒に川の石運びをした(筋肉痛になった)のと、同じ宿に泊まっていた韓国人の女性に飴を貰ってその人に胸キュンしたぐらいだ。

しかし、いつもカメラを持って島中をブラブラしているので、島に住んでいる人たちとは顔見知りになり、名前まで覚えてもらった。

これはいいことである。

 

「大悟っ、カメラ貸して!」

 

学校が終わると、子供達が毎日そう言ってくるので、カメラを渡してメコン川を眺めながらボケーッとするのが毎日の日課になりつつある。

 

「いつも子供の相手して疲れるだろ!ビール飲め!」

子供の親からビアラオを貰うこともあった。

カメラ渡してるだけなのに悪いなぁ…。

 

昼食はいつもストローおじさんの所の食堂で済ませている。

「今日も来たね!ほらサービスだ!」

おじさんの奥さんはそう言って、料理を特盛にしてくれたり、果物をくれたりする。

 

 

ヤベー。最高☆
\(^▽^)/

 

 

この島、居心地が良すぎる。
人が皆優しい。
1年くらいこの島に居たい。

 

 

あー、というかやっぱりもう旅しなくていいんじゃね?
(´Д`) =3 ハゥー

 


人間アレだよ、無理しちゃいけないのよ。
のんびりマイペースに過ごすのが賢明な生き方なんだと思うよ。
というか旅するのやめて、休暇という形にしてもいいんじゃないか?
トラベルではなくロングバケーションでいいんじゃないか?
どうせ帰国したら働かなきゃ生きていけないんだしさ。
今ここで気分をリフレッシュしないと鬱になっちゃうよ。マジで。
チェンコンで会ったモウリさんとミシェルさんが移動する旅より1カ所に長く居て休暇を満喫したいと言っていた意味が今は凄く分かるわ。

 

 

そういうわけで、俺の旅はここで終わりを迎えた。

 

こんな自分に関わってくれた方々に感謝と敬意を払いたい。

 

 

ありがとう!旅先で出会った人たち!
俺は帰国しても元気にやっていくよ!
(。・`ω´・。)

 

 

 

10_9

 

 

 

 

 

 

 

………………いか~ん!!

 

 

あ、危ない…………。

旅が終わるところだった。

まだ終わらない。

もうちっとだけ続くんじゃ(亀仙人風)

 

 

……………移動しよう(T^T)グスン

 

 

というか、どっちみちラオスの入国日数期限がそろそろ切れる。

 

そんなわけで、カンボジア方面へのバスチケットを購入。

およそ1年10ヶ月ぶり、2度目のカンボジアだな。

 

待ってろ!アンコールワット!
……多分今回は行かないけど。


 

↓ブログランキング参加中。べっ…別にクリックしてくれても全然嬉しくないんだからね……!(照)

  にほんブログ村 旅行ブログへ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA