冷たい小川で レッツ シャンプー♪(旅行記28話)

 

eberesuto

 

ジリ〜ルクラ間ルートを通り越して、パクディンに到着。

この村では水が非常に安く売られていた。

人力でしか生活物資を運べない村々までは1リットル120〜150ルピーだったりしたのだが、この村では1番安いところでは1リットル50ルピーである。
まぁ下界よりはよっぽど高いが。

空港があるルクラが近いため、物資を運ぶのは前の村よりは容易なのであろう。

もうここからは標高が高いところに登っていくだけで、物価はどんどん上昇していく。
水の値段も上がるはずだ。

ここで買い溜めしておくことにしよう。

 


「おばちゃん、水ください」

 

「はいよ、何本だい?」

 

「んー、じゃあ13本
(・ε・)

 

「13本!?そんなに買ってくれるのかい、嬉しいねぇ」

 

持参したビニール袋に水を詰めて宿に持ち帰る。

 

 

お……重い………!
1リットル13本の水は重い………!!
(( ;゚Д゚))

 

それら全てをバックパックに詰め込み、どれくらいの重さか背負って確かめてみる。

 

うおっ……こりゃ重いわ……。
(( ;゚Д゚))

 

ずっしりとした重みが肩にのしかかってくる。

これ背負って山道を登っていくのはしんどいかもな……。

 

翌日、ナムチェに向かって出発。

 

ぐはっ……!なんという重みだ……!
Σ(゚д゚)

 

少し歩いただけで疲労感が昨日までと全く違う。


「ゼェゼェ……、サンタさん、荷物がめちゃ重いです」

 

「何本水入ってんの?」

 

「13本」

 

「そりゃ重いよ」


バックパックの全重量はゆうに20kgを超えている。

まるでポーターになった気分だ。
あ、でも100kg近くの荷物背負って山道歩くシェルパもいるって聞くから俺はまだまだ甘ちゃんだな。

最強の兵隊ゴルカ兵然り、山岳最強の民族シェルパ然り。
そういや、カトマンズで泊まっていた宿のスタッフのディペンも俺を乗せて軽々と腕立て伏せしていたな。

ネパール人って絶対戦闘民族の末裔だ。怒らせないようにしよう。

 

ナムチェに到着した翌日は、何日も山道を歩いているのに太腿が筋肉痛だった。

 

 

img_8968

28_1
高台から見下ろすナムチェの村

 

 

ナムチェはエベレスト周辺のトレッキングコースがあちこちに分岐していく大きな村である。
村というよりロッジ街と言った方が正しいのかもしれない。
世界中のトレッカーや登山家が、ここを出発点としてヒマラヤにそびえる山々に登っていく。

 

さて、トレッキングシューズを買いに行かねば。

 

今履いている靴では、これ以上標高が高いところで雪でも降られたら、ラムジュラ・バンジャン峠を越えた時のように滑りまくってしまう。
谷底へ滑落でもしたら冗談抜きで命に関わる。

 

そんな死に方は嫌だ。
俺は、大好きな人に膝枕をされ、頭を撫で撫でされながら天寿を全うしたい。

 

トレッキング用品店が建ち並ぶ通りにある、とある店に入る。

 


「すいませーん。トレッキングシューズが欲しいんですけど」
(・ω・´)

 

「いらっしゃい。うちの店はいいものを集めているよ」


色んなトレッキングシューズを眺めながら吟味していると店主が「これはどうだい?」とトレッキングシューズを差し出してきた。

 

「これは本当にお勧めだよ。軽くて履きやすい。そのうえ丈夫で防水加工だ」

 

「試し履きしてもいいですか?」

 

「どうぞ履いてみてくれたまえ」

 

試しに履いてみる。

 

うん、いい靴なのかどうかは分からんが自分の足にはジャストフィットだ。

 

「この靴いくらですか?」

 

「150$だよ」

 

高ェッ!!
Σ( ・д・´)

 

「うーん、その値段ではちょっと買えないですね」

 

「そうかい。残念だ。ウチの店は値段は高いが、その分ハイクオリティーだよ。他の店は品質が悪い」

 

「そうなんですか。でもあまりお金かけれないんで別の店を当たります」

 

それから何店舗か回り、とある店の一角で乱雑に並べられているトレッキングシューズを手に取り、いくらか訊いてみた。

 

「これいくらですか?」
(・ω・´)

 

「4500ルピーだ」

 

「4500ルピーですかー。他の店当たります」

 

そう言って店を出ようとすると、店主に引き止められた。

 

「待て待て、いくらならいいんだ?」

 

「ディスカウントできるんですか?じゃあ3000ルピーなら買います」

 

「3000ルピーは無理だ。3800ルピーでどうだ?」

 

「うーん、他の店も当たってから決めます」
(・ε・)

 

「3500ルピー。ラストプライスだ」

 

「うーん、他の店も当たってから決めます」
(・ε・)

 

「分かった分かった、3000ルピーでいいさ。特別価格だぞ。ネパール人に売るのと同じ価格だ

 

おぉ、やったー。思ったより安く買えた。
って、最初からネパール人価格で販売してくれよッ!

やっぱ外国人だとふっかけられるのは何処でも一緒だな(泣)

 

その後、マムートの刺繍がしてあるフリースも1300ルピーで購入。
偽物だけど普通に暖かいので問題ない。

 

 

img_8997

IMG_8979

IMG_8994

IMG_8998
毎週金曜の午後と土曜の午前中には定期市が開かれ、あらゆる生活用品の露店が並んでいる。

 

 

ナムチェに3泊後(週末に行われているバザーを見たかったので3泊した)、ゴーキョに向けて出発。

標高が4000mを越えるとロッジの数も少なくなってくる。森林限界を超えているため、自分の背より高い植物も見なくなってきた。

 

標高4150mの峠に仏塔が見え、その近くにロッジがある。そこがモン・ラという場所だ。

そこで昼食を摂る。

 

その後、小川を渡り夕方には川沿いにあるドーレに到着した。
標高は4084m。

今日はここで1泊である。

 

 

28_5
ナムチェを離れるとヒマラヤにそびえる山々がよく見える

 

 

 

いきなりだが、俺は超が付くほどの綺麗好きである。

 

ゴキブリを素手で掴んで外にポイってした後は、ちゃんと手を洗うし、この旅行中は大便をした後は肛門を素手で拭きちゃんと手を洗う。

 

そんな超綺麗好きな俺だが、このトレッキング中には1度もシャワーを浴びていない。

 

何故なら、シャワーは有料だからである。

お湯を沸かす為には大量の薪が必要になるため、山ではお湯はかなりの貴重品なのだ。
1回のシャワーを浴びるには宿代の3倍以上する金額を支払わねばならない。


しずかちゃんなら間違いなく

「シャワー代10倍出すから、バスタブにお湯をはってちょうだい!」
(`ω´*)

山の民を怒らせるようなことを言いそうだが、常識人かつ倹約家の俺はそんなことは言えない。

 

山の空気はかなり乾燥しているので、大抵のトレッカーは1週間ぐらい髪とか洗わなくても平気だろって人も多い。

 

対して、俺は綺麗好きなわけで、体が汚れたり頭皮に油が詰まってハゲることは避けたいので、ほぼ毎日洗っている。

 

ロッジの近くにある水道でだ。

 

近くの川の上流から長いホースを使って持ってきている水なので冷たいが、毎日浴びればもう慣れっこだ。
流れ出てくる水で洗髪し、体は濡れタオルで拭けば(局部は部屋に戻って拭いている)体は清潔である。

というか、トレッキング中は穀物と野菜しか食べてないので、サラサラな汗しか出てないし、別に体洗わなくても清潔じゃね?と最近思い始めたが。

 


ロッジに荷物を置いて、天然石鹸シャンプーとタオルを持って外に出る。

 

「フンフン♪洗髪タイム〜♪」

 

…………あれ?水道が見当たらないぞ。
(・ω・)?


「大悟さん、体洗うの?ここからは水道ないよ。川しかない」

サンタさんが言う。


4000mを超える高地になると、生活用水は川から水を汲んでくるそうだ。
大変だな。

 

というわけで、ロッジの近くを流れている川に向かう。


サンタさんは

「めちゃ冷たいし寒いからやめたほうがいいと思うよ」

と言っていたが、そんなもん知らん。

 

俺は身体が洗える環境だったら洗わないと気が済まない質なんだ。
これを洗える環境と言っていいのかどうかは激しい議論を呼びそうだが。

 

川にはヒマラヤから渡ってきた、透き通った綺麗な水が流れている。
水の流れが遅い浅い部分には薄く氷が張っていた。

 

川の水に手をつけてみる。

 

冷たッ!!!
ΣΣ(゚д゚lll)

 

雪溶け水だから当たり前か。

うーむ、こんな水で頭洗ったら風邪引きそうだ………。
(´・ω・`)

……いや、心頭滅却すれば火も涼し、雪溶け水も温かしだ。


いっくぜェッ!おりゃあッ!!
(。・`ω´・。)

 

ジャポンッ。

 

土下座する要領で川に頭を突っ込んだ。

 


ギャアアアアアアアアアアアアアッ!!!!
(((((( ;゚Д゚)))))

冷たいッ!めちゃ冷たいッ!!頭がキンキンするッ!!
頭の血管が縮むッ!!
(((((( ;゚Д゚)))))

 


シャンプー液を手にとり、シャカシャカと洗髪をする。

 

よっしゃ、もういっちょ!
(。・`ω´・。)

 

ジャポンッ。

 

泡を洗い流すため、もう一度川に頭を突っ込む。

 


ギャアアアアアアアアアアアアアッ!!!!
(((((( ;゚Д゚)))))

冷たいッ!めちゃ冷たいッ!!頭がキンキンするッ!!
頭の血管が縮むッ!!
冷たすぎて頭皮に悪いわッ!!逆にハゲるわッ!!
(((((( ;゚Д゚)))))

 


素早く頭をタオルで拭く。

 

標高が低いところに戻るまで、しばらく頭も身体も洗わなくてもいいや。
(T^T)グスン


 

↓ブログランキング参加中。べっ…別にクリックしてくれても全然嬉しくないんだからね……!(照)

  にほんブログ村 旅行ブログへ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA